空手道

いつも自信がなく、相手のペースで生きている人が空手で強くなる方法

この記事を書いた人

ペンネーム s.k
プロフィール 子どものころからいじめられており、高校生から空手を始め、今では空手道の師範として子供たちに空手道を教えています。毎日が地獄だったあの日々をどう打開したのか、そして、空手道で培った技術は、戦うための技術だけでなく、人との間の取り方、外し方様々なもので生かすことができ、私生活でも役に立てながら生活をしています。

ペンネーム:s.k
プロフィール:子どものころからいじめられており、高校生から空手を始め、今では空手道の師範として子供たちに空手道を教えています。毎日が地獄だったあの日々をどう打開したのか、そして、空手道で培った技術は、戦うための技術だけでなく、人との間の取り方、外し方様々なもので生かすことができ、私生活でも役に立てながら生活をしています。

空手道は、2020年オリンピックの競技種目になります。

その競技人口は全世界でなんと6500万人はいるのではないかと言われているスポーツです。

今回は空手道競技とはどのような競技なのか、また、現代における結果が出やすい稽古方法を、全国大会出場選手を輩出したことのある私が少しだけご説明申し上げます。

空手道とは?

そもそも空手道とは日本の沖縄が発祥とされる伝統的な我が国の武道です。

発祥元を探ると「那覇手」と「首里手」を基とする「手(てぃ)」と言われる、武器を持たずに相手と戦う武術を指します。
様々な諸説はありますが、それぞれ、中国から伝わってきた中国拳法や琉球王国の流れをくむ技の1つ1つの集合体であります。

現在、公益財団法人全日本空手道連盟が主体となっている団体がこの度のオリンピックに出場することのできる会派であり、その他の流派や会派ももちろんそのルールに則り、選考の基準に満たしていれば世界大会などの国外大会に出場し、ポイントを取得し、全日本の強化選手に内定し、選考会を経て、選出されれば、オリンピックに出場することが可能です。

競技には大きく分けて二つの競技があります。
まず一つ目は、「形(型)」競技です。

この競技は、想定される敵を決まっている順序で倒すことを想定し、相手を想像し、一人で演武します。
「突き」や「蹴り」などの攻撃はもちろんのこと、「受け」などの防御も仮りに相手からの攻撃の流れを想定し、打ち出していきます。

その際大切なことは、実際には存在しない相手を想定し、忠実にその状況に適した技を繰り出し、一通りの流れを再現するものです。

また、四大会派というものがあり、「松濤館流」「糸東流」「剛柔流」「和道流」の会派が主となっており、その各流派の形を演武していくことが基本です。
ルールには形のリストがあり、その中から各大会のルールに則り、形を選び、演武していきます。

そこで、大切になってくるのが、「技の理解度」、「力強さ」、「キレ」、「立ち方」、「残心」など様々な要素があります。
まずは、一通りの流れを理解しなければなりませんが、その段階に至るためには、後述する基本から会得しなければなりません。

次に、「組手」競技です。決められた時間内で「突き」や「蹴り」などを出し合いながらポイントを取り競う競技です。
コート内8メートル四方の中で動きながら競う競技のため躍動感があります。

指定された攻撃部位に打撃技を的確にコントロールして打ち出すことがとても重要です。基本的な技は、「刻み突き」、「中段逆突き」、「上段蹴り」、「中段蹴り」などです。
その他にもたくさんの様々な技があり、いろいろな技を組み合せたり、フェイントを使い、相手を誘い込んだり、プレッシャーをかけながら攻めたりと、選手それぞれ特徴があります。

ここまでがオリンピックで競技される空手道の大まかな競技内容です。
では、次の項目から基本的な稽古のお話をさせていただきます。

基本稽古

これが、とても大切な要素になります。

毎日毎日、「その場突き」並行立ちという立ち方や四股立ちという立ち方で何十本も突きを出す基本稽古です。
突き技の練習と共に、下半身を中心に上半身、特に背中の筋肉を鍛えることができます。

そして、日頃の姿勢を養うことができるので、堂々とした歩き方ができるようになり、周りからは自信のある人だと思われます。
「その場蹴り」さきほど同様に、並行立ち、もしくは前屈立ちと言う姿勢で前蹴りという技を繰り返し出します。

下半身の強化と同時に体の軸を鍛えることができます。
そうすることで、体の芯から歩くことができるようになり、やはり堂々とした姿勢が身に付きます。

この2つの基本だけを毎日鍛錬すれば、技術だけでなく、精神的にも自信が湧きおこり、普段の生活も変わってくるはずです。

応用の組手

相手よりも技を先に繰り出すことを「先」と言い、相手の技の出所の瞬間を見極めて繰り出す技を「先の先」と言います。

相手の攻撃を出させて、さばいたりかわしたりしたあとに繰り出す技を「後の先」と言います。
これは、人間関係での対処法にも役に立ちます。

相手が今何を考えているのかを考えて先に行動したり発言したりし、機先を制することは、「先」であったり、「先の先」と言えるでしょう。
暴力を振るわなくても、相手の行動や人格を観察することによって未然にトラブルを防いだり、仲良くなることもできます。

また、相手の話を良く聞きながら、繰り出す発言は「後の先」と言えるでしょう。
仲間であれば、相手を救うことのできる「後の先」になり、相手が敵対する人であれば出鼻をくじき、自分のペースに話や話題を持っていくことができることでしょう。

まとめ

応用の話をしましたが、今、人間関係で困っている人、いじめられている人は、基本の稽古をやりながら自分を高め、そして、人間観察や相手を知る努力をしましょう。

そうすることによって、会話や行動から「先」、「先の先」、「後の先」を使用して、(決して暴力をふるうのではなく)敵になってしまう可能性のある人も仲間となり、人々との関係が柔らかくなることが、空手道、武道の奥義になるわけですね。

ですから、本当に強い人というのは、筋力が強いのでもなく、パンチやキックが人より優れているのではなく、人間関係で繰り出す、言葉や行動の技が柔らかで思いやりのある人なのです。