食べながら痩せる

ダイエットしたい女性に!食べながら痩せるダイエット方法

この記事を書いた人

ペンネーム しらたま。
プロフィール フリーライター。体が余り強くないので食事や栄養管理に関する興味が強い。体質の改善や体重管理を栄養ベースでアプローチし、ある程度成功した経験多数。彼女のダイエットに付き合って栄養管理をしたことも。

体重に悩む女性は多く、私が付き合った女性の中にもどうやれば痩せられるかわからずに困っていた人もいました。

今回は実際に食事管理に協力し、ダイエットに成功させた体験談を紹介したいと思います。

太り方を考えて対策することがダイエットのポイントに

ダイエットをする上で意外と見落としがちなのが、どうやれば体重が落ちるのかではなく、どうして太るかです。

付き合っていた彼女が体重に悩んでいてダイエットに付き合ったことがあるのですが、自分と彼女で根本的に違っていたのが太る条件です。
結論から先に言えば、この体質に合わせた対策をすることで彼女は痩せることに成功しました。

彼女はストレスを溜めるとすぐに太る体質だったのです。
過去のダイエット方法などを聞いても、ストレスでやめることが多かったので余計にストレスに弱いことがわかりました。

太っていることが気になる場合は、まずどうして太るか考えてみるのがおすすめです。
運動しても、食事を絞っても、何かしらの反動で太ってしまっては体重のプラスが上回ってしまうからです。

体質によっても対策の方が変わってくるため、カロリーだけで考えるだけなく自分の体質に合わせて考えれば結果が出しやすくなります。
一度失敗したダイエット方法は課題を見直し改善していけば結果に結びつきやすくなるのです。

ストレスでどうしても食べてしまう人が利用したい方法

ストレスでどうしても食べてしまう人は体重に関する悩みを抱えがちです。

しかし、ストレスの解消やストレスがかからないように生活するのには限界があります。ストレス解消で食べているのに無理に食事しないようにしてもかえってストレスがたまります。

そこで私が考えたのが、ストレスで食べたくなったときはカロリーの少ないものを食べるという方法です。
こんにゃくや豆腐などのカロリーが低いものであれば、食べた後の罪悪感に悩まされずに済みます。

常に食べてもいいものがあると精神的に落ち着く面があり、ストレスの軽減にも役立つのです。
人によって好みの味が変わりますが、カロリーゼロのフルーツゼリーなどをストックしておくと便利です。

保存が利くタイプの物があるので、おなかが空いたらこれを食べるというわかりやすい仕組みも作れます。
考えることもストレスになるため、できるだけシンプルにしていくのがおすすめになります。

満腹感を得たいなら良く嚙むことが大切になる

食事を良く嚙むこともダイエットには重要です。

食べ物を良く嚙むと、満腹中枢が刺激されるので空腹感が和らぎます。
お腹が減ったと感じることが少なくなるので、間食で食べ過ぎるということを防げるのです。

嚙まずに飲み込むクセがついていると、胃で食べ物が消化されず体が栄養不足だと感じやすくなるケースもあります。
消化を良くしてエネルギーを体に吸収させることで空腹をさけられる場合もあるのです。
普段の食事を良く嚙むようにするほか、おやつなどを歯ごたえがあって低カロリーなものにしていく方法もあります。
たとえば、スルメやおしゃぶり昆布などです。

なかなか噛み切れないものは時間をかけて嚙まなければ飲み込むことも難しいからです。
ノンシュガーのガムなどを利用するのもおすすめです。

ガムで物足りない場合はノンシュガーの歯ごたえがあるグミなども販売されているため、うまく利用するのがおすすめです。

カロリーを気にし過ぎてもストレスになるので注意

食べ過ぎるクセがある人でよくあるのが、食欲に負けてしまうことです。

食欲に負けたストレスを引きずってしまい、更に食事を重ねて嫌悪のループに入ってしまうこともあるからです。
特に食べた翌日などに体重が増えてしまうと余計に鬱になってしまいます。

注意したいのは体重は食事以外の影響で日々変動していることです。
たとえば、生理前は体が水分を蓄えやすくなり、むくみの原因となることもあります。

体重も増えやすくなってしまい、水分量の変化だけで日に1~2kg程度変動することは珍しくないのです。
食事をし過ぎると太るはイコールではないため、数字にふりまわされないように注意が必要です。

オススメなのが、数日や、1週間単位などでカロリーをコントロールしていく方法です。

1日食べ過ぎても翌日や翌々日で平均に戻せば良いという考え方で、ストレス軽減に役立ち増す。
また、人間の体は食事を取らない期間があると、少しのカロリーでも体に蓄えて自分の体を守るようになっていきます。

食事を抜いてしまうとリバウンドの恐れも高まるため、三食は食べて食事の内容で少しずつ調整した方がリスクも減らせるのです。

食事を毎回作るのが面倒な場合は、休日のうちに作って冷凍しておくと便利です。
カロリー控えめの冷凍食品でも代用できます。

急に肉が食べたくなったときのためにおからを入りのハンバーグをいれておくなど、ある程度バリエーションをつけておくと更に満足度が高くなります。
食べても安心なもの、食べたいものを食べられる状況の方がダイエットは成功しやすいのです。

まとめ

ここで挙げたダイエット方法が合わない人。
続かない人。
もっとダイエット効果を早めたい人。

このような人に1つ良い方法をお伝えします。
本当に簡単で良い方法です。

それは、毎日飲んでいる飲み物を変えること。

太っている人ほど、砂糖がたっぷりと入った清涼飲料水を飲んでいます。
これは、あなたが考えている以上に太る原因となっていることを自覚しているでしょうか?

騙されたと思ってやってほしいのは、今飲んでいる飲み物を、太りにくい飲料に変えるだけ。

たったそれだけで、体重は確実に痩せていきます。
不思議なほど。

考えてみれば、カロリーが今までよりも減少するわけですから、当たり前と言えば当たり前です。

実践するとわかりますが、健康や美容にも良いです。

え?

どんな飲み物が良いかですか?

わかりました。
ダイエットに最適なお茶を紹介しているサイトをご紹介しておきます。

興味のある人は、以下のサイトを参考にしてみてください。

参考サイト:お茶でダイエットして健康と美しさを目指すサイト