低体重の男性

ガリガリなのはイヤ!低体重の男性が効率よく体重を増やす方法

この記事を書いた人

ペンネーム しらたま。
プロフィール 健康に悩むことが多いフリーライター。ストレスがたまると食べても食べても痩せてしまうため、男性らしい体つきにならないのがコンプレックス。しかし、市販されているサプリメントなどを活用し、体質改善に成功。

 

プロテインでたんぱく質を補えば体重が増えやすくなる

もともとガリガリ体型なのがコンプレックスでしたが、単純に食べれば太れるというものではなく、どうやれば体重を増やせるかが悩みでした。

量を食べても太れないのであれば何かサプリメントで補えばいいのではと思って使い始めたのがプロテインです。
特別なものではなく、一般的なドラッグストアで市販されているプロテインを飲み続けたところ、明らかに体重が増えたのです。

飲み初めてこんなに簡単に体重が増えるのかと驚いたのを覚えています。
特に体を鍛えなくても、プロテインを飲んでたんぱく質を補えば体重が増える可能性があります。

ドラッグストアで実際にプロテインのコーナーを見て知ったのですが、プロテインには体重を増やすためのプロテインと体を絞るためのプロテインがあります。

牛乳が材料で脂肪の燃焼などを気にせずに体重を増やしたい人のホエイタイプと、大豆が原料で脂肪の燃焼を意識しながら筋肉を鍛えるソイタイプに分けることができるのです。

最初はタダ太るのも格好悪いのではないかと考えてソイタイプのプロテインを利用してみたのですが、体質に合わないのか肌が荒れやすくなってしまいました。
それでも体重面ではいい影響があったのでホエイタイプのプロテインに切り替えたのですが、1日1杯でも1ヶ月で1kgの体重増加に成功しました。

それ以来リピートするようになったのです。

特別なトレーニングをしなくても体重が増えた理由

私は特別なトレーニングなどをしなくてもプロテインを飲んで体重が増えました。

しかし、考えて見ると体を動かす習慣がついていたのでプラスになっていた部分があると思います。
そこで、普段私がしていた生活の情報もセットで公開したいと思います。

意外と大きかったと思うのが、私の職場への距離です。
職場までの距離が2キロメートル近くありましたが、道路事情の関係で徒歩で通勤していました。

当然帰りも徒歩で、仕事中は立ち仕事だったので日ごろから体を動かしていたといえば動かしていたのです。
もちろん生活に必要なものは買って返らなければならないので、仕事のあとに買い物をして帰ることもありました。

自然と荷物が増えることになるので、毎日ある程度の運動はこなせていたことになります。
筋トレなどをしなくても体重が増えたのは、日ごろから良く歩いていたのが影響しているのではないかと考えています。

更に体重を増やすためにやってみたこと

体重が増えるのはうれしいことだったのですが、ペース的に物足りない部分もあったのでもう少し何とかならないかと色々試してみました。

過去に体を鍛えて体重を増やそうとしたときに、風邪などで寝込んでいたらいつの間にか体重が戻っていたということがあったからです。
増やせるうちに増やしたいというのが本音でした。

風邪などで体重が落ち込むことが多かったので、私の場合は筋肉がつきにくく、痩せやすい体質が原因なのではないかと考えました。
筋肉は使わなければ痩せてしまうことがあるため、使い続けることが大切ではないかと思ったのです。

ただし、日ごろの仕事の疲れがあると筋トレなどをこなす体力も残っていません。
そこで、寝る前のストレッチなどを心がけるようにしました。
仕事をしていても体の筋肉の使い方が偏るので、バランスよく動かした方が良いのではと考えたからです。

仕事の疲れで体が凝ってしまうため、体調を維持するための面もありました。
これが意外と効果的で体重が増えるペースが少し速くなったのです。

寝る前にストレッチをすると寝つきがよくなりますし、体の疲れも残りにくくなるのでおすすめします。
日ごろ歩かない人などは軽い筋トレなどを追加すれば問題ないと思います。

食習慣の見直しが重要なポイントになることも

プロテインで体重が増えるようになってから、食事の内容も見直しました。

プロテインの主な成分はたんぱく質になります。
プロテインの種類によってはたんぱく質意外にもビタミンなどを加えたものがありますが、普段の食事でたんぱく質が足りているか見直してみたのです。

もともと私の実家は半農家で、野菜や魚をよく食べる家でした。
しかし、肉などを食べる量が少なく、日ごろの食事からたんぱく質が不足していることがわかったのです。

おなかが空いたときは米やパンを食べていましたが、どちらも炭水化物になります。
炭水化物はいくらとっても太れなかったので、単純にカロリーだけでなくバランスが必要なのだと考えるようになりました。

簡単に肉を増やせばいいかとも考えたのですが、肉だと食べられる量に限界があります。そこでプロテインの原料にもなる豆を使った食品や、同じく乳製品を増やしてみることにしました。

具体的には豆乳や豆腐、牛乳、ヨーグルト、チーズなどです。
納豆や卵などでたんぱく質を補っていくのも方法だと思います。

食事の内容を調整するようにしてから更に体重が増えるようになりましたが、食事のバランスをとり続けるのは大変ですよね。
毎日完璧にバランスを整えることは時間的にも経済的にも厳しいので、気がついたときに一品足したり、喉が渇いたときに豆乳や牛乳を飲む感覚で使っています。

まとめ

人によって体質が異なることもありますが、どうしてもやせてしまう原因がたんぱく質の不足ということもあるようです。

プロテインで単純にたんぱく質を追加するだけでなく、食事の見直しなどをしてみるのもおすすめです。

また、使っていない筋肉がやせないように軽くストレッチなどをして維持をすることも体重の維持に役立ちますよ。